エアコン取り付け

エアコンの取り付け工事で壁に穴をあける?穴あけ工事の必要性と注意点について解説

エアコンの取付工事を行う際には、壁に穴を開ける必要があるというのはご存知でしょうか。

通常家庭などで使うエアコンは、室内機と室外機2つ必要なものが存在しており、それぞれを繋ぐための配管を通す必要があります。

もっとも配管を通す穴が家の壁にない、という方も多いかもしれません。

本記事ではエアコンの取り付け工事で、穴あけ工事を行う必要性と注意点について詳しく解説していきます。

エアコンの取り付け工事を行う際に必要な穴あけとは

疑問に思う女性

エアコンの取り付け工事を行う際は、必ず壁に穴開け工事を行う必要があるというのは、1度は耳にしたことがあるかもしれません。

エアコンは通常室内機と室外機2つ必要なのですが、この2つは配管やホースを通してつながっている必要があります。

配管やホースを繋げることによって、室内機で部屋を暖めたり涼しくしたりする空気を、室外機から取り入れて放出することが可能です。

そのためエアコンの取り付け工事を行う際には、必ず室内機と室外機を繋げる必要があり、そのためにも穴開け工事を行う必要があります。

エアコンの取り付け工事を行う際に穴あけはどこが一番おすすめなのか

解説する女性

エアコンを取り付けるためといっても、大事な家に穴あけするのは、抵抗感もあるという人も多いのではないでしょうか。

そのためできるだけ適切なところに穴あけを行いたいですよね。

穴あけ工事を行う際に一番最適なのは、室内機の右下が一番良いと言われています。

なぜなら室外機と室内機が平行もしくは上向きの関係になってしまっている場合、排水作業をスムーズに行うことができなくなってしまうからです。

新しくエアコンを設置する場合は、室内機の右下部分に穴あけを行って、排水作業がスムーズに行くように注意しましょう。

エアコンの取り付け工事で穴あけをする際の注意点

注意

エアコンの取り付け工事で穴を開けをする際に、いくつか注意点があります。

まず賃貸住宅の場合には、穴あけを断られてしまう可能性があるということです。

また新築の家の場合、新しい家に穴あけをしたくないと思う方も多いのではないでしょうか。

万が一穴あけを断られてしまったり新築住宅の場合でも、配管やホースを窓を通じてつなげるという方法もあるので安心してください。

穴あけ工事を行わないでエアコンを取り付けすることができるので、安心して利用することができるでしょう。

まとめ エアコンの取り付け工事には穴あけが必要

エアコンの取り付け工事を行う際には、 壁に穴あけを行うのが必要になります。

穴あきを行う際には、室内機の右下に開けることによって、排水がスムーズに行われ故障の心配なくエアコンを利用することが可能です。

新築住宅や賃貸などで穴を開けるのが困難な場合には、窓用のものを利用するということも考えられるので、業者の方と相談してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、エアコンの取り付け作業に精通した【優良業者】だけを紹介しております。

直接業者の方とやり取りが出来るので、仲介料などは一切必要なく、一般的なサイトよりも【お得】な料金でサービスを提供することが可能になっているのが当サイトの最大の強みです。

作業にも慣れているプロの方が多く、安心して相談することができるでしょう。

気になる点や疑問がある方は、是非1度以下のリンクからご相談下さい!

エアコン工事に関する相談はコチラから!