エアコン取り付け

エアコンの取り付け工事で穴あけにかかる費用はどのくらいなのか?【エアコン工事のプロが解説】

  • 新しくエアコンを設置したいけれど配管を通す穴が開いていない
  • 賃貸に住んでいるけれど新しく穴を開けてエアコンを取り付けることができるのか

エアコンを取り付ける際に、壁に配管を通す穴が開いていないと、設置することができないと思っている方も多いのではないでしょうか。

確かにエアコンには室内機と室外機をつなぐ穴をあける必要があるのですが、新しく開けることもできるのです。

そこで本記事ではエアコンの取り付け工事で、穴あけにかかる費用はどのくらいなのかについて解説していきます。

なぜエアコンの取り付けで穴あけをする必要があるのか 

疑問に思う女性

私たちが普段の生活で利用する一般的なエアコンは、室内機と室外機の2つに分けられます。

この2つをつなぐ配管を通すための穴がなければ、エアコンを設置することはできないのです。

そのため配管を通すための穴がない住宅などでは、新しく穴あけ作業を行う必要があります。

エアコンの取り付け工事における穴あけにかかる費用について

金額

エアコンの取り付け工事において、穴あけ作業はその家の作りによって費用が大きく変わってきます。

例えば木造住宅であれば、穴あけ工事を行う際に追加で費用はかかりません。

一方で木造住宅以外の場合、例えばコンクリートやレンガなどで作られた壁に穴あけを行う際には、費用がかかってしまいます。

大まかにまとめると、壁の種類ごとにおける穴あけにかかる費用は以下の通りです。

穴あけ工事の種類 穴あけにかかる費用
ALC穴あけ工事 5,000円〜
タイルやレンガに穴を開ける工事  10,000円〜
コンクリート穴あけ工事 20,000円〜

木造住宅以外の壁に穴あけ工事を行う場合には、上記のような費用がかかるのが一般的です。

また穴あけ工事は、穴を開ける場所ごとに費用がかかるので注意が必要になります。

エアコンを取り付ける際の穴あけ工事に関しては、以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

エアコン取り付けのための穴あけは自分で行い費用節約できるか

工事をする男性

結論から言うと、エアコン取り付けのための穴あけ作業は、費用節約のためとはいえ自分で行うことはおすすめできません。

なぜなら、壁の穴あけに失敗してしまうと柱や筋交わいを傷つけてしまう可能性があるからです。

こうなってしまうと、家の構造を著しく傷つけ耐久性を低下させてしまう可能性があるので、すぐに住宅メーカーや工務店などに相談する必要があるでしょう。

エアコンを取り付けるための穴あけ工事に失敗したら、すぐに工事を中止してしかるべきところに相談するようにしてください。

費用を節約するためとはいえ、エアコンを取り付けるための穴開け工事は、自分で行うのではなく必ずプロの事業者に行ってもらいましょう。

まとめ エアコン取り付けのための穴あけ工事はプロの工事業者に依頼しよう

男性

今回紹介したように、エアコンを取り付けるための穴あけ工事に関しては、危険が伴うため絶対に素人が行うべきではありません。

ヘタに手を出してしまうと家の耐久性を著しく下げて、構造を傷つけてしまう可能性があります。

そのため穴あけ工事を行う際は、必ずプロの工事業者に依頼しましょう。