エアコン取り付けDIY

エアコン取り付け DIYやってできない事はないけどおススメしません!

エアコン取り付け DIYでやってできない事はないけどおススメしません!

最近は、エアコンを購入するとその取り付けを自分で行いたいという人が非常に多くなってきています。

何故なんでしょう?

昨今のDIYブームも一役買っているようですが、エアコンの取り付けを素人さんがやると大きなリスクを伴います。

例えば、

エアコンを取り付けするためには、専門的な技術、たとえば真空引きや配管の接続など、簡単そうに見えて実は難しい工程がたくさんあります。

もしエアコンの取り付けを失敗したら、エアコン自体が正常に起動しなくなってしまうリスクがあります。

せっかく買った新品のエアコンなのに、DIYでエアコンを取付けしてみたかったからという理由でエアコンを故障させてしまうのは、あまりにもったいないですよね。


安くない買い物ですし、本来ならDIYは行はずプロに任せた方が安心です。

また、エアコンを取り付ける際には必須となる道具がいくつもありますが、これらを手に入れるだけでもかなりのお金がかかってしまいます。
(工具レンタルもありますがエアコンの取り付け成功は保証してくれません)

真空ポンプ、トルクレンチ、パイプカッター、リーマーなどなど

それから材料も
室外機の下に敷く台座部分となる室外機設置用の据置台が必要ですし、配管パイプ(ペアコイル)電線、だっていります。

エアコンには必要不可欠ですが、素人さんからすると聞いたこともない特殊な工具や材料が必要となります。

他にも、ドレンホースや、配管の見栄えを良くする配管用化粧カバーなどなど、たくさんのものが必要です。

これらの道具や材料を自分で用意するとなると、かなりの手間と時間がかかります。

DIYの難易度が高くなる理由の一つには、このように普段DIYで使わない道具や材料を用意する必要があるからという事もあります。

エアコンを取り付ける際の工程も複雑ですし、ネットで知りえた知識をそのまま実行したとしても、途中で難しいと断念してしまうことも。

それなら最初から業者に頼んだ方がお得だったと後悔することになるかも、、、

たとえ複数人で挑戦したとしても、知識と技術はプロにはかないません。

テーブルを作ったり壁を塗り替えたりするのとは全く違うDIYになるので、エアコンを取り付けるならよほどの自信がない限りは業者に頼んだ方がいいと思います。

当サイトでも全国の一流のエアコン職人を紹介しています。